『男女の違い(会話編)』町田カウンセリング『ハートルームちと』

query_builder 2021/12/20
ブログ
Screenshot_20211220_210240~2

こんばんは。

町田でカウンセリングルームを

営む『ハートルームちと』です。


今日のテーマは

『男女の違い(会話編)』です。


忙しい

男 他のことが何もできない状態

女 やることがたくさんある状態


同時進行で複数のことをこなせる

マルチタスクの女性は常に忙しい状態です。「私ばっかり」と

不満の気持ちを抱きやすいそうです。


一方、シングルタスクの男性は

たとえ頼まれても、これ以上何かすることはできないという、拒絶の意思表示、自己防衛に使う言葉だそうです。要は言い訳ですね。


そもそも、男性と女性では

脳の作りが違うので、同じように

こなすことを求めても難しいんですよね。


何かをやりながら

同時進行で別のことができる

女性は、相手にも同じことを求めがちです。


夫が仕事から疲れて帰ってきて

スポーツニュースを見ているときに一生懸命話します。

自分では伝えたつもりなのに、

「夫は何も聞いてない」と

怒り出したりします。


そもそも、テレビや新聞を見ているときに話しかけるのはNGです。

聞いてほしいことがあるときは

「話したいことがあるんだけど」と前置きしましょう。


同時進行でいろんなことを

こなせる女性にとっては、

男性のキャパシティーはすごく

狭く感じてしまい、イライラしたり、そんなこともできないの、と

すれ違ってしまいます。


夫は、感情的になる妻に

げんなりします。


「言わなくても察して」と

思っても、男性は察するのが苦手な生き物なので、これまた妻を

イラつかせてしまいます。


男性の脳は、『目的脳』

女性の脳は、『共感脳』です。


男性は女性の目的のない買い物に

付き合ったり、ダラダラ続く会話を聞くのが大変な時もあるようです。目的や結論を先に言ってあげるとゴールが描けて、買い物や会話に付き合えたりします。


女性は男性の共感力のなさに

がっかりします。

『なんでこんなこともわからないの。』『聞いてほしいだけなのにアドバイスしてくる。しかも的外れ』わかってくれるだけでいいのに。


なんだか切ないですね。


目の前の夫や妻が悪いとは

思わずに、そもそも男女で

脳の作りから違うから、性格が悪かったり、合わないのではなく、

違う生き物なんだと割り切ると

余計なストレスがないかもしれません。


相手の得意なことに

目を向けるといいですね。


シングルタスクと

マルチタスク。


目的脳と共感脳。


男と女って面白いですね。


NEW

  • 『グルメ』町田カウンセリング『ハートルームちと』

    query_builder 2022/08/08
  • 『夫婦の会話』町田カウンセリング『ハートルームちと』

    query_builder 2022/08/07
  • 『ブログ』町田カウンセリング『ハートルームちと』

    query_builder 2022/08/06
  • 『口コミのご紹介』町田カウンセリング『ハートルームちと』

    query_builder 2022/08/05
  • 『スイカ』町田カウンセリング『ハートルームちと』

    query_builder 2022/08/04

CATEGORY

ARCHIVE